健康的にダイエットしましょうホームページ >> 痩せる引き算?


痩せる引き算?

簡単な様でできないのがダイエットです。
できない原因の多くは、痩せる引き算を理解してないためです。

(摂取カロリー) - (消費カロリー) がマイナスになれば、必ず体重は減ります。

この引き算がどうすればマイナスになるか?
どの程度マイナスにすればよいか?
今日は、これらの点について説明してみたいと思います。

ダイエットを急激に行うと、人間の体は直ぐに反応し、飢餓にそなえてエネルギーを体に貯めていきます。人間のこの反応は大変巧妙なシステムでできています。これを理解することもダイエットでは重要ですが今日は説明しません。興味のある方は参考記事をご覧下さい。

1ヶ月に1~2kgの減量を目指しましょう。
カロリー的には、現在の生活から1日に100~200kcalのマイナスにすればよいことになります。

運動でこれくらいのカロリーを消費するとすると、ウォーキングなら60分間程度、スィミングなら30分程度です。

食べ物でカロリーを減らすとすると、おにぎり1個分、トースト1枚くらいです。ラーメンやスパゲティ(700kcal)が好きな人は回数を減らすことをお勧めします。

どうでしょうか、ダイエットの具体的なイメージが湧いてきたでしょうか。
実はイメージすることは目標達成に大変重要です。
イメージしたことの9割くらいは、達成できます。本当です。

食べる量を減らすのが辛い人は、カロリーカット系のダイエットが沢山出ているので、それらを利用すると良いでしょう。
どんな商品があるのと言う方のために、商品の一部を紹介しておきます。

★キリンウェルフーズ リエータ★
カロリーカットしても肌荒れしない様に、ビタミンなどの必須栄養素が十分含まれています。美味しさも満足です。

★豆乳クッキーダイエット★
人気の豆乳クッキー、美味しくて美容にも良いため、売れ筋No.1です。


運動をしたいけど、時間や場所が無いという方にお勧めの商品はこちらです。

★エアロライフ・サイドステッパー★
左右に重心を移しながら踏み込むタイプのステッパー。室内運動でウォーキング効果が得られます。





ダイエット通販商品カタログページ


投稿者 kou : 2005年09月30日 23:44

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kou.moo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/281