健康的にダイエットしましょうホームページ >> 美肌のゴールデンタイム


美肌のゴールデンタイム

美肌の栄養素は基本的にはいつ摂ってもかまいませんが、美肌のゴールデンタイムといわれる就眠の前に摂れば、成長ホルモンの効果で効果倍増が期待できます。
また、美肌成分は単独では作用するものではないので、必要なものを必要なだけ、一緒に摂ると更に効果的です。

美肌成分
ビタミンAは皮膚の健康を保ち、ビタミンCはメラニン色素を無色化したり、コラーゲンの再生を促します。ビタミンEは血液循環を良くします。
最近人気のヒアルロン酸は、スポンジのように保湿性が高いのも特徴。細胞同士をくっつけてハリを作り、肌のうるおいを保つために役立つ。
細胞間脂質のセラミドは、皮膚表面にある角質の細胞と細胞の間をつなぐはたらきをする。皮膚の内部から水分が蒸発するのを防いでくれる。
美肌成分としおなじみのLシステインは、メラニンの過剰生成に歯止めをかけたり、紫外線による皮膚がんの発生を抑えるという説もあります。
コラーゲンは、皮膚の真皮層の70%を占めるといわれ、網の目のように張り巡らされて細胞を支えているが、不足するとたるみなどの発生原因になります。
ビタミンB群の仲間・ビオチンは「皮膚のビタミン」とも呼ばれるとおり、髪や皮膚の健康を保つためにはたらいてます。

お勧めのサプリ
市場で人気が高くお勧めの商品を紹介します。ここで紹介する商品は、Lシステイン、ビタミンC、ビタミンBなど美肌の必須成分が配合されています。

★エスエス製薬 ハイチオールC★
・ ハイチオールCは、L-システインを主剤とし、これにビタミンC、パントテン酸カルシウムを配合したL-システイン製剤で、しみ・そばかす、全身倦怠、二日酔などに効果をあらわします。
・ L-システインがしみ・そばかすの原因となる過剰なメラニン色素ができるのをおさえ、ビタミンCと協力して、しみ・そばかす・日やけなどの色素沈着を改善します。
・ L-システインが代謝酵素の働きを助け、全身倦怠・二日酔にも効果をあらわします。

★第一製薬 システィナC★
・ ビタミンC主薬製剤としては初のL-システイン240mg配合お肌の新陳代謝を促進し、しみ・そばかすの元となるメラニンの過剰な生成を抑えます。
・ L-システインと協力して、メラニンの生成を抑えるとともに、メラニンを直接還元してできてしまった黒色メラニンを淡色化し、しみ・そばかすを緩和します。さらにパントテン酸カルシウムがビタミンCの働きを助けます。
・ビタミンB6はL-システインの体内での合成を助けからだの内側から美白を作りますさらにお肌のビタミンとして皮膚や粘膜の新陳代謝を促進します。

★大正製薬 アルフェホワイト★
・しみやそばかすは、紫外線などのダメージによって過剰につくられたメラニン色素が原因です。アルフェホワイトは、肌の内側からメラニン色素に作用して、しみ、そばかすを緩和します。
・L-システインはアミノ酸の一種で、ビタミンCとともにメラニン色素の生成を抑え、しみ、そばかす、日やけなどの色素沈着を改善します。また、メラニン色素の排出を促しますので、できてしまったシミに効果的に働きます。ビタミンB6が皮ふの新陳代謝を促進し、パントテン酸カルシウムがビタミンCの働きを助けます。




ダイエット通販商品カタログページ


投稿者 kou : 2005年11月06日 17:53

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kou.moo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/333