健康的にダイエットしましょうホームページ >> 新・低インスリンダイエット 


新・低インスリンダイエット 

脂肪を貯めるインスリン
皆様、インスリンってご存知ですよね。
インスリンは甘いものを食べると、膵臓のランゲルハンス島から分泌されます。
このインスリンは、血糖値を下げます。このとき糖は脂肪などに代えて体に蓄積されます。
甘いものを沢山食べると太るというのはこのためです。

低インスリンダイエット
低インスリンダイエットとは、甘いものの摂取量を抑えてインスリンの分泌量を抑えて、脂肪の蓄積を防ぐダイ
エットです。
甘いものを食べなければ、肉や魚などの蛋白や、チーズなどの脂肪分を食べてよいということです。
もちろん、蛋白質た脂肪分を、極端に食べ過ぎるはダメですが、普通に満足するまで食べても大丈夫です。
摂食量の制限によるストレスが無いのも低インスリンダイエットの特長です。
インスリンの働きを理解して、インスリンの分泌をコントロールして痩せるというのが、低インスリンダイエットです。

食べてよいもの
お肉、ハム、チーズ、卵、マヨネーズ、ナッツなどです。蛋白質や脂質類は食べても良いのです。
好物が沢山あると感じた方が多いのではないでしょうか。
これらは、カロリーが多いですが、低インスリンダイエットでは、食べても良い食品なのです。

食べてはいけないもの
ビール、パスタ、バナナ、ジャガイモなどです。
糖質や炭水化物を多く含むものは、血糖値を上げインスリン分泌を上げるので、低インスリンダイエット中は避けましょう。
意外に、牛乳や、ソースやケチャップは糖質が多いので控えましょう。


次回はもう少し具体的に、低インスリンダイエットのメニューを紹介します。




ダイエット通販商品カタログページ


投稿者 kou : 2006年03月14日 17:11

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kou.moo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/610