健康的にダイエットしましょうホームページ >> 新・低インスリンダイエット(2)


新・低インスリンダイエット(2)

前回、糖分を控えインスリンの分泌を抑えることで、脂肪の蓄積を防ぐことができることを説明しました。
今回は、もう少し具体的な食事のメニューや、ダイエット中の生活スタイルについて説明致します。

低インスリンダイエットは、糖質を摂取せず、蛋白や脂質類を摂取することが基本です。
野菜や海草類を十分に摂ることを忘れてはいけません。
ビタミンやミネラルを十分にとることが必要なのです。
また、蛋白と脂質ばかり摂っていると便秘になることがありますが、野菜を摂ることで防ぐことができます。

朝昼晩の食事のポイント
朝は、良質な蛋白である、卵や納豆などを摂りましょう。
もちろん野菜も忘れずに。
お昼も、魚やお肉を食べましょう。どうしてもご飯類が欲しいときは、玄米やそばを食べましょう。
夕食は、魚やお肉をたっぷり食べましょう。しかし、糖質は厳禁です。朝やお昼は糖質を摂っても、仕事や運動をすることで血糖値を下げることができます。しかし、夜は摂った糖質は蓄積される割合が極めて高いと考えられます。

低インスリンダイエットを続けていると、甘いものが欲しくなることがあります。そんなときは、できれば午前中に食べましょう。食べた後は、少しでも良い(ウォーキングなど)ので運動しましょう。

注意
低インスリンダイエットは、風邪や病気で体力が落ちているときは避けて下さい。
また、糖尿病などの疾患を持っている人も避けてください。




ダイエット通販商品カタログページ


投稿者 kou : 2006年03月15日 23:10

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kou.moo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/617