健康的にダイエットしましょうホームページ >> ダイエットウォーキング(2) 「脂肪を燃やす」


ダイエットウォーキング(2) 「脂肪を燃やす」

前回はダイエットウォーキングについて、ウォーキングフォームや注意点などの基本をお話ししました。
今回は、肥満気味の方向けに、脂肪を燃焼すつウォーキングについてお話します。

筋肉には、瞬発力を出す速筋と、強い力は出さないけど長時間動き続けることができる遅筋があります。
速筋は直ぐに力を出さないといけないので、血中の酸素を使わず糖分を燃やしてエネルギー源とします(嫌気的代謝)。
それに対して、遅筋は脂肪を溜め込んでおり、血中の酸素を使いながら脂肪を燃焼させてエネルギー源とします(好気的代謝)。

ここまで、説明すればもうお分かりですね。
そうです、脂肪を解消するためには、遅筋を使って脂肪を燃やすようなウォーキングをすれば良いのです。

遅筋は、肩、背中、尻、太ももの後ろなどにあります。
前回お話したウォーキングフォームで、しっかり腕を振って、きびきび歩いて、呼吸をしっかり行うことを心がければ、脂肪が燃えてくれます。
しかし、呼吸が苦しくなるようでは、酸素が足らない状態になっています。
決して無理をせず、少しだけ汗ばむくらいがちょうど良いと思います。

体調に十分に気をつけて、ダイエットウォーキングして下さい!




ダイエット通販商品カタログページ


投稿者 kou : 2006年04月01日 18:08

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kou.moo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/650