健康的にダイエットしましょうホームページ >> 呼吸法を変えるだけで痩せる! 


呼吸法を変えるだけで痩せる! 

TV番組の「あるある」で春の体質改善スペシャルで「呼吸法を変えるだけで痩せる体質になると」いう話題が放送されました。
番組内容の要約をまとめましたので、参考にして下さい。

やせ難い人は、どうして呼吸が上手くできないのか?
吸い込む方が悪いのか、吐き出す方がわるいのか。
やせ難い人のほとんどが、一定の量を少しづつ吐き出すことが出来ない。
番組の実験で、吐き出す方に問題があったことが判明した。

ストローを使って、呼吸をチェック
洗剤を少しいれた水を用意して、ストローで息を吹き込んでみて下さい。
ゆっくり息をはき続けることができる時間で呼吸の良し悪しが分かります。
良い人は60秒以上吐き続けることができます。
悪い人は40秒以下しかできません。

呼吸が悪くなる原因
横隔膜や肋間筋などの呼吸筋の状態で、呼吸の良し悪しが決まります。
上手く呼吸できる人は最大5lの空気を取り込めますが、やせ難い人は3l位しか吸い込めません。
呼吸筋を柔らかくしないと、十分な酸素を取り込めないため、ダイエットし難くなっているのです。

痩せるためには
常に呼吸筋を柔らかくすることが大切です。
同じ姿勢でいると呼吸筋が硬くなります。できるだけ運動をしましょう。
また、姿勢も大切です。猫背は呼吸筋を硬くします。背筋を伸ばすことで、呼吸筋が柔らくなります。
溜息は無意識に肺を守る行動をしてます。溜息で肺の空気を換えているのです。
溜息の多い人は、要注意です。

悪い呼吸方を2週間で改善する方法
まずは、肋間筋を伸ばしましょう。
片手を頭の後ろにあて、逆の手は椅子についてバランスをとります。頭に手をあてた方のわき腹を伸ばしながら、10秒間息を吐き続けて下さい。
次に横隔膜のストレッチ。
息を吐きながら両手を頭の上で合わせます。二の腕を耳にあてて上半身を伸ばす。
10秒息を吐き続ける。

続いて、呼吸筋トレーニング
食材保存用のビニール袋と、ペットボトルを用意して下さい。
袋とペットボトルを組み合わせて器具を作ります。
ペットボトルを半分に切って、1cm角の小さな穴を二箇所開けたビニール袋を繋ぎます。
ペットボトルに息を吹き込んで、吸い込む。
これを繰り返します。

それぞれ、1日3回。

更に女性の方はこれをやらないと痩せない
貧血気味の女性は酸素を十分に取り込むことが出来ないので、呼吸法の効果が現れ難いのです。
貧血を改善するために、鉄分をとりましょう。
黒キクラゲが貧血を改善してくれます。
黒キクラゲは一日5gで良いのです。ビタミンCを一緒にとれば鉄分の吸収が高まります。
鶏肉などの蛋白なども吸収を助けてくれます。
黒キクラゲと野菜、鶏肉の炒め物、黒キクラゲのスープなどが鉄分を吸収できるお勧め料理です。
レバー類なども良い食材です。
鉄分を摂って、ダイエットしましょう。





ダイエット通販商品カタログページ


投稿者 kou : 2006年04月02日 21:05

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kou.moo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/651