« 2006年04月 | 健康的にダイエットしましょうホームページ | 2006年06月 »

2006年05月31日

ダイエットのための効果的な運動方法

前回、「筋肉を落とさず健康的に痩せる方法」で、「美しく痩せたい方はまず運動をはじめましょう。」とお話をしました。
今回は、ダイエットのための効果的な運動方法について、詳しくお話したいと思います。
ダイエットのための運動は有酸素運動です。
酸素がないと脂肪分は燃えません。酸素を吸収して脂肪を燃やしましょう。
体に無理せず、短時間で多くの脂肪を分解して燃焼する運動が最適です。

脂肪燃焼スイッチを入れる負荷運動
これまでは、脂肪燃焼のスイッチを入れるには、30分くらいのジョッギングが必要だと言われてきました。
しかし、最近の研究では、ウォーキングなどの有酸素運動の前に、軽い負荷運動をすると脂肪燃焼のスイッチが短時間で入ることが分かってきました。

例えば、軽いダンベル運動や腹筋運動などを1分くらいしてから、ウォーキングをすると脂肪燃焼早く起きますので、30分くらいの短時間のウォーキングでも十分なダイエット効果が得られるのです。

負荷運動の最中も呼吸を停めないことが必要です。脂肪燃焼に酸素が必要だからです。
息がつまるような強い負荷運動は必要ありあません。

また、負荷運動を行うことで少しずつ筋肉が付いてきて基礎代謝レベルがあがりますので、太り難い体質になることができます。
つまり負荷運動を行うことのメリットは、脂肪燃焼のスイッチを入れることと、基礎代謝量を上げるです。

ダイエット運動方法
負荷運動と有酸素運動を30秒間隔で繰り返すのも効果的です。これだと3分間くらいでも効果があると言われています。しかし、この繰り返し運動は、やってみるとかなりキツイ運動です。
無理のないように注意して下さい。

他にもいろいろなダイエットエクササイズがあります。
以下の特集記事から、自分に合っているものを探してみて下さい。
ダイエットエクササイズ 特集

ダイエットエクササイズで注意しないのは、無理しないことです。筋肉痛などの不調を感じたら直ぐに止めてください。

次回はダイエットを助けてくれるサプリメントを幾つか紹介しようと思います。
沢山ダイエットサプリメントが販売されていますが、怪しいものもあるようです。
ダイエット効果がしっかり証明されていて、安心して使えるものを選んで紹介する予定です。

投稿者 kou : 22:12 | トラックバック

2006年05月30日

筋肉を落とさず健康的に痩せる方法

前回、美やせの法則で、「一番大切なのは、筋肉を落とさず、お肌ピチピチのまま痩せることです。」とお話しました。
今日は、どうやったらそれができるのか、より具体的なお話をしたいと思います。

痩せること自体はあまり難しいことではありません。
実際、食事を減らして(抜いて)、かつて劇痩せした経験がある方は意外に多いのではないでしょうか。
このとき体で何が起きているかというと、最初に筋肉が落ち、その後で脂肪細胞が小さくなっているのです。
食事を抜くと、体は自然に体内に蓄積されたエネルギーを使い始めます。
じっとしているときは、エネルギー源として蛋白質を先に使ってしまうのです。脂肪はその次です。

このため、食事を抜いて痩せたときは、頬の筋肉が少なくなって頬がこけた状態になります。貧血ギミになることもあり、顔色が悪くなります。美しく見えるはずはありません。

「美やせ」するには、最初に脂肪細胞を小さくし、むしろ筋肉は大きくしたいのです。

ではどうやればよいのか?
答えは簡単です。
持続できる有酸素運動をすればよいのです。
この運動のエネルギー源は酸素と脂肪です。脂肪を燃やしてエネルギーに変えます。
内臓脂肪は皮下脂肪に比べ燃えやすく、運動をすると直ぐ燃え始めます。
メタボリックシンドロームの原因の内臓脂肪は燃え易いのです。

食事は、油分を避け、蛋白を多く含むものが良いでしょう。
ビタミン補給も重要なので、野菜を沢山食べましょう。

皆さん、無理な食事制限は体に毒です、美しく痩せたい方はまず運動をはじめましょう。
次回は、効果的な運動方法について、詳しくお話したいと思います。

投稿者 kou : 23:24 | トラックバック

2006年05月29日

美やせの法則

このサイトでは、これまで健康的にダイエットする最新理論を中心に投稿してきました。
ここらへんで、これまでの記事をもとに、誰にでも分かり易いように「美やせの法則」をまとめでみたいと思います。

最近「痩せている人」=「美人」と考えられているケースが多いですが、これは必ずしも正しくありません。
痩せていて、体の蛋白質と骨の量が少なくなっている場合は、とても健康的とはいえません。
そんな人は、顔色も悪く、健康的にはみえません。

逆に、むしろ多少太っていても、筋肉がしっかりしていて(ムキムキではありません)、骨もちゃんとしている人は健康的で美人にみえます。
たとえば、テニスの選手は、体重は平均値以上です。彼女らは、むしろ脂肪もある程度ついていますが、笑顔が大変美しいと思います。
ほっぺにハリがあって、可愛く健康的です。

美やせの法則で一番大切なのが、筋肉を落とさず、お肌ピチピチのまま痩せることです。
このためには、食事の方法と、エクササイズが必要です。

次回は、筋肉を落とさず健康的に痩せるための食事方法について説明致します。

投稿者 kou : 21:41 | トラックバック

2006年05月27日

チーズで内臓脂肪が減少

チーズというと高jカロリー食というイメージがありますが、「第60回日本栄養・食糧学会大会」(5/21)でチーズを摂取すると、中性脂肪値と総コレステロール値が低下し、内臓脂肪が減少することが発表されたようです

これは雪印乳業の研究発表です。
国産のゴーダチーズを配合した餌をラットに与えたところ、血液中の中性脂肪と総コレステロールの濃度が、チーズ以外の餌を食べたラットに比べて低下したという。
また、腸管の間に蓄積する内臓脂肪の量も減少したそうです。

今後の研究成果が期待されます。

投稿者 kou : 23:17 | トラックバック

2006年05月24日

低カロリー食で楽々ダイエット

ダイエットを成功させるには、ストレスが無いことが大切です。
一度に痩せようとせず、無理のない目標をたてましょう。
現在の体重の5%くらい分の減量がよいと思います。
また、時間をかけてゆっくり痩せるとリバウンドがないダイエットができます。

カロリーを減らしましょう
一番効果のあるダイエット方法は、晩御飯のカロリーを減少することです。
ご飯一杯を抜くと、約300kcalが減少できます。
効果は直ぐにでますが、お腹が空いてガマンできない人が多いと思います。

寒天がお勧め
そんなときは、最近ブームの「寒天」を利用すると良い効果が得られるようです。
「寒天」は食べると膨順しますので、お腹が満腹になりやすいので、ダイエットしている感覚があまりなくてストレスがありません。
また、「寒天」は食物繊維を多量に含んでいるので、便通がよくなります。
更に、食後の血糖値の上昇が抑えられるので、内臓脂肪が蓄積し難くなると言われています。

寒天レシピ
ごはん一杯分の「寒天」は、寒天4gに水を500ml加えた分量と同じくらいです。
鍋で暖めて寒天を溶かして、冷やせば寒天ゼリーができます。
きなこや蜜をかけて食べれば美味しいデザートになります。

「寒天」を薄く機って野菜とまぜて、「寒天」サラダにすれば、大変ヘルシーなおかずになります。

運動をしましょう
低カロリーダイエットをするときは、必ず運動をしましょう。
人間の体は、カロリーが足らなくなると、脂肪より筋肉の蛋白をエネルギーとして燃やしてしまいます。
筋肉をおとさないために、かならず運動をしましょう。
もちろん、ウォーキングなどの軽い運動でOKです。

投稿者 kou : 22:08 | トラックバック

2006年05月23日

ウーロン茶の抗肥満作用が発表されました

第60回 日本栄養・食糧学会大会(2006年5月19日-21日、静岡県)で、ウーロン茶の成分である重合ポリフェノールに抗肥満作用があることが発表されました。

★烏龍茶売れ筋ランキング★(毎週更新)

最近のウーロン茶は美味しいので、食事が美味しくなるという理由で飲んでいる方も多いかと思いますが、この発表で、肥満抑制作用があることがハッキリしたことになります。
詳細を以下に紹介します。

発表したのは、サントリー(株)健康科学研究所です。今回の研究は、ウーロン茶の抗肥満作用の有効成分を検討する目的で、ウーロン茶重合ポリフェノールの抗肥満作用について検証されました。

マウスを使った実験結果ですが、高脂肪・高ショ糖食を与えたマウスは、普通食のマウスに比べて、体重・脂肪量が有意に増加し、明らかな肥満を呈しました。一方、高脂肪・高ショ糖食にウーロン茶重合ポリフェノールを添加した飼料を与えたマウスでは、体重・脂肪量の増加が用量依存的に抑制されました。

ウーロン茶ポリフェノールは、ウーロン茶特有の成分で、複数の成分の総称です。ウーロン茶重合ポリフェノールとは、これらウーロン茶ポリフェノールの中で、特に脂肪の吸収抑制効果が高い一部の成分のことを指します。

つまり、脂肪分の多い料理を食べたときにはウーロン茶を一緒に飲むことで、脂肪の吸収が抑制されて太り難くなるということです。

★烏龍茶売れ筋ランキング★(毎週更新)

投稿者 kou : 23:48 | トラックバック

2006年05月17日

7秒体操ダイエット

ダイエットのためにエクササイズが有効であることが分かっていても、実際に毎日の生活のなかでエクササイズを続けるのは難しい場合があります。
そんな方に7秒間でできて、ダイエットに有効だと言われる「7秒間体操ダイエット」について紹介します。

これはアイソメトリックトレーニングを応用したものです。
アイソメトリックは「等距離」という意味で、一定の体勢で筋肉に思いっきり力をいれて一定時間保つ運動です。
この運動は筋肉を大きくする運動でもあります。
あまりやりすぎるとムキムキになるかも?
7秒間アイソメトリックを行い、10秒休みます。これを3-5セット繰り返して下さい。
筋肉が引き締まり、代謝があがりダイエットに効果があります。
コレくらいだとムキムキになることはないでしょう。

ちなみに、ムキムキにしたい人は、ウェイトトレーニングなどの負荷運動を、無酸素状態ですれば効果があります。但し、素人がやると危険です。必ずトレーナーの指導を受けてからやって下さい!

寝る前にするアイソメトリックトレーニング
私が毎日行っているダイエットのための簡単な体操を紹介します。
仰向けになって膝を90度くらいに曲げ、少し足を開き腹筋運動をする際の姿勢をとります。おへその脇に手の平を置き、頭から肩の順でゆっくりと状態を起こし最上点で静止して7秒数えます。
やってみるとわかりますが結構キツイです。
できたら毎日がベストですが、痛みを感じるときはやらないで下さい。
トキドキでもやらないより、やった方がいいです。

このエキササイズを寝る前にやると、寝ている最中の基礎代謝が高まり、ダイエット効果があるといわれています。
コツは、引き締めたい部分の筋肉を意識することです。
そして、姿勢を保って動かないようにしましょう。
注意しないといけないのは、トレーニング中に呼吸を止めないことです。

夏が来る前に、引き締まったボディが作れるよう、応援してます。


投稿者 kou : 23:20 | トラックバック

2006年05月16日

水を沢山飲んでむくみを解消しましょう

水分摂取を控えてませんか?
水を沢山飲むと体重が増えてむくんでしまうと考えている方が多いと思います。
しかし、これは一般的に間違いです。
女性の場合、職場でトイレに行く回数を減らすために水分を控えている方も多いかと思います。
しかし、水分が不足すると血液の粘度が上がってしまい、血流が悪くなる場合があります。
実はこれがむくみの原因になる場合があるのです。

水の摂取量は?
水はどれくら摂ればよいのでしょうか。
最小限、のどが渇きが無いようにしましょう。
理想的には1日に2リットルくらい飲むことを勧めています。
当然、尿排泄の回数や量は増えますが、尿と一緒に老廃物が対外に排泄され、お肌や美容にも良いのです。
水を沢山飲んで、血液をサラサラにして、むくみを解消しましょう。

水は品質の良いものがお勧めです。
水道水は・・・
ダイエット水として人気なのは、コントレックスというミネラルウォーターです。

★楽天で最安値のコントレックス★


投稿者 kou : 20:32 | トラックバック

2006年05月06日

コーラの販売全面停止

「コーラの販売全面停止」と言っても、米国の小中学校でのことです。
対象はコカコーラだけではなく、糖分の多い清涼飲料です。
米飲料協会(ABA)は小中学校での販売を3年後に全面停止すると発表したそうです。
これは、肥満問題が子供たちの間でも広がっていることから、販売禁止対策が必要と判断したためです。

コカ・コーラのほかに販売停止のルールに合意したのは、「ペプシコーラ」を販売するペプシコ、「ドクターペッパー」が主力のキャドバリー・シュウェップスの大手3社です。

増え続ける子供の肥満を放置したら、米国人の平均寿命は今世紀半ばに最大で5年短くなるという研究結果が発表され社会的な問題として捉えられています。

このことからも、ジュースに入っている糖分の量がいかに多いか、また肥満と関係しているかが、お分かりいただけると思います。もし、ジュースを良く飲む方で、肥満の傾向にある方がいらっしゃたら、是非この機会に控えられることをお勧めします。

日本でも、「数十年前小中学生の肥満は2-3%でしたが、今は約10%。実に三倍です」(浜松医科、大大関武彦教)ということが報告されています。
特に、子供をお持ちの方は、自分の子供にジュースを与えすぎないように注意しましょう。
水分は必要ですが、余分な糖分を与えないようにしましょう。

投稿者 kou : 18:09 | トラックバック