健康的にダイエットしましょうホームページ >> ミトコンドリアを活性化してダイエット


ミトコンドリアを活性化してダイエット

前回のお話で、運動を行い筋肉をつけると基礎代謝が上がってダイエットできることをお話しました。
「筋肉をつける」というと、ムキムキを想像して抵抗のある方もあるかと思います。
ダイエットのためには、決してムキムキになる必要はないのです。

ではどうして運動をすると基礎代謝があがるかについて説明します。
運動にはエネルギーが必要です。
このエネルギーを生み出すのは、細胞のなかのミトコンドリアという器官です。
ミトコンドリアは、糖質や脂肪を燃やしてエネルギーに変える器官なのです。
運動を行うとエネルギー補給のために、ミトコンドリアが増えてくるのです。
このために、自然とエネルギー消費が多くなり基礎代謝が上がってくるのです。
つまり、ダイエットのキーになるのは、体内のミトコンドリアの数なのです。
また、このミトコンドリアが多い筋肉は、筋肉のなかでも赤筋と呼ばれる筋肉です。
これは、体の奥にあるので鍛えてもムキムキになることはないです。

もう一つ大事なことは、血流を改善してミトコンリアに十分に糖質や脂質と酸素を送らないといけないということです。
ミトコンドアリが増えても、血管から栄養素が十分送られなかったら基礎代謝はあがりません。
血流を改善するのに効果的なのがマッサージとストレッチ運動です。

「ミトコンドリアを増やす」ことと、「血流をよくする」ことがダイエットのポイントです。

次回は、具体的どうすれば「ミtコンドリが増えて」、「血流が改善するか」についてお話します。





ダイエット通販商品カタログページ


投稿者 kou : 2006年06月16日 23:44

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kou.moo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/801