健康的にダイエットしましょうホームページ >> ゆっくり食べてダイエット


ゆっくり食べてダイエット

昔から早食いの人は良く食べるので太りやすいと思われてきました。
早食いで太るのは、満腹感を感じないうちに食べる量が増えてしまうのが主因だと考えられてきました。
しかし、食べる量は変わらなくとも、早食いの人は太りやすいというデータが報告されました。
これは、名古屋大の玉腰浩司・助教授らの研究成果です。

愛知県内に住む35~69歳の男性3737人、女性1005人から、身長や体重、食事内容や運動習慣といったデータを集めた。
データを分析すると、食べるのが速い人は食べる量も確かに多かったそうです。
そこで、食べる量の違いが体重に与える効果を統計的に除去し、純粋に食べる速さと肥満との関係を求めました。
その結果、食べる速さが「ふつう」の人は体重が64.8キロであったのに対し、「かなり速い」人は3.9キロ重く、「かなり遅い」人は3キロ軽い計算となった。
女性では、「ふつう」の人が52.8キロに対し、「かなり速い」は3.2キロ重く、「かなり遅い」は2.7キロ軽かった。

現在は未だ、早食いが肥満を招く原因は良くわかってないそうです。
美味しい料理をゆっくり味わって食べることで肥満が防げるのであれば、一石二鳥というところでしょうか。




ダイエット通販商品カタログページ


投稿者 kou : 2006年08月14日 02:36

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kou.moo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/889