健康的にダイエットしましょうホームページ >> 脂肪を燃やす赤い筋肉


脂肪を燃やす赤い筋肉

◆筋肉には白筋と赤筋があります。
白い筋肉は早く強く動く筋肉です。短距離走やウェイトトレーニングのときに使います。
この白筋は血中の糖分を消費して動きます。
それに対して赤筋はゆっくり長時間動く筋肉です。長距離走のような長時間の運動に使われます。
この赤筋は脂肪を消費して動きます。

◇赤筋で脂肪を燃やす!
脂肪を消費する赤筋は酸素を使って脂肪を燃やします。
運動を始めて直ぐに脂肪を燃やすわけではなく、運動を始めて15分くらいから脂肪を燃やします。
ジョギングよりウォーキングの方が効果が高いと言われていますので、無理する必要は全くありません。

◆脂肪を37.5度で燃やす
うっすらと汗をかく37.5度になると最も脂肪が燃えやすいことが分かっています。
ハアハアと息切れするような激しい運動は必要ありません。激しい運動のときは脂肪がかえって燃えにくいと言われています。
それどころか、激しい運動をして汗をかくと、血液中の水分が少なくなり血液がドロドロになって危険です。

ウォーキングを30分が一番安全で効果的だと思います。
もちろんウォーキングでなくても、日常生活でできる運動はいろいろあります。
次回は簡単な運動を幾つか紹介します。




ダイエット通販商品カタログページ


投稿者 kou : 2008年03月12日 23:51

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kou.moo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1595