健康的にダイエットしましょうホームページ >> 味覚異常が肥満を誘発


味覚異常が肥満を誘発

あなたは他人から「味覚がおかしんじゃないの」と言われたことはありませんか。
今日は味覚異常と肥満の話です。

◇耳感染症が肥満を誘発
米ボストンで開かれた米国心理学会で、慢性耳感染症によってもたらされた神経損傷が原因で小児の味覚が変化し、高脂肪食品や甘いものを好むようになり、肥満リスクが高まるという報告がされ話題になってます。

子供のころに風邪から中耳炎を併発した経験がある方は多いと思います。慢性化し重度なものになると、神経損傷を起こす可能性があるようです。
甘いものや脂っこいものが好きで肥っている方は、関連があるかもしれません。

また、この学会では、扁桃腺を摘出すると、舌の味蕾が変化し、食生活に影響を及ぼすという報告もありました。

子供のころの風邪で、中耳炎や扁桃腺炎になった方は要注意です。

◇環境の影響が大きい
米エール大学医学部(コネティカット州)予防研究センター所長のDavid L. Katz博士は「耳感染症の既往など多くの要因による味覚の変化が食物の嗜好や摂取量、体重に影響を及ぼすことは理にかなっているが、米国における肥満の蔓延の主な理由はむしろ肥満を生みやすい環境である」と述べている。
と述べています。




ダイエット通販商品カタログページ


投稿者 kou : 2008年08月26日 22:27

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://kou.moo.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/1729